お知らせ 【グループ管理者の皆さま】成長し続けるエンジニアを支援する「Forkwell」と「connpass」が連携し、connpass上でイベントを開催するグループを2020年3月末まで支援いたします。詳しくはこちら by Forkwell

このエントリーをはてなブックマークに追加

2月

23

自分たちのプロジェクトのJTBDは何か?

UXを浸透させよう!サービスデザインの基本から構築思考を身に着けよう!

Organizing : UX DAYS TOKYO

Hashtag :#uxdt2018
Registration info

ブログ掲載特別割引

1000(Pay at the door)

FCFS
1/1

FB参加レビュー掲載無料参加枠

Free

FCFS
8/8

ワークショップ参加申し込み済者

Free

FCFS
1/2

2000円

2000(Pay at the door)

FCFS
24/30

Description

3月16日から開催されるUX DAYS TOKYO 2018の予習イベント

  • Sponsored by "シェアNo.1のプレスリリース配信代行サービス" PR TIMES
  • Power by "日本にいながら世界のUXが学べる"UX DAYS TOKYO

セオドア・レビット博士が利用したことで有名になった「ドリルを買う人が欲しいのは「穴」である」という格言はUXの世界でも通じます。

レビット博士は1960〜70年代に発表された著作は、今なお研究され進化しています。それは、デジタル分野においても重要なメソドロジーであるからです。

今、行っている仕事は何のためのものか、目的と方向性を見いだすことでプロダクトを成功させることができます。 UX設計を行っても、カタチにして運用する段階で設計とは違ってしまうことも少なくありません。

UXを浸透させ、次なるUXを開花させるために、現在のデジタルサービスにおいても重要な本質的な考え方と視点を事例も合わせてご紹介いたします。

また、サービスデザインを通し、各自が構築(作成)しているサービスをユーザーに沿ったものとして提供するための思考とは何か?を考えるイベントです。カンファレンス及びワークショップで、その考え方を学ぶベースをこのイベントで身につけておきましょう。

参考記事

参加枠

参加枠は無料と有料の2つがございます。

無料参加条件

  • UX DAYS TOKYO 2018 のワークショップに既に申し込みされている方
  • FB参加レビュー掲載無料参加枠  (参加前、参加中、参加後の3回以上のTweet、FB投稿が必要です。ハッシュタグ{#uxdt}をおつけください。 帰りに受付で投稿した画面を見ていただきます。)

参加費用

  • 2000円(現地、現金支払い)
  • *プレイベントに参加後に以下[UX DAYS TOKYO 2018 ワークショップ]に お申込みいただきましたら2000円は返金割引させていただきます。

  • プレイベントに参加後に[UX DAYS TOKYO 2018 のワークショップ]

▼JTBD https://2018.uxdaystokyo.com/workshop/#session-jim

▼サービスデザイン https://2018.uxdaystokyo.com/workshop/#session-jamin

▼カスタマニー・ジャーニー https://2018.uxdaystokyo.com/workshop/#session-boon

▼ワークショップのワークショップ https://2018.uxdaystokyo.com/workshop/#session-david

参加人数枠

参加者人数は申込みいただいた状況によって変更される場合がございます。

UX DAYS TOKYO 2018 のスピーカー紹介

登壇するスピーカーをご紹介いたします。 どのような方で、セッション内容と共にご紹介いたします。

講師

  • スピーカー:UXDT スタッフ 池田 茉莉花・中井 喜恵
  • モデレーター:UXDT 大本あかね

タイムテーブル

  • 18:45〜:開場
  • 19:00〜:UXDT2018テーマについて(スピーカー紹介)
  • 19:30〜:セッション
  • 20:00〜:ワークショップ
  • 20:30〜:セッション

内容

JTBD=Jobs To Be Done(30分+ワークショップ)

  • JTBD(jobs-to-be-done)とは何か。
  • 事例
  • どの企業が採用・結果を残しているか(Ford, Apple)
  • JTBDにおいての間違い(機能追加・便利にすることはJTBDではない)
  • 各プロジェクトにおけるJTBDを考える(ワークショップ)

SD= Service Design(20分)

  • SD( Service Design)とは何か?
  • SDを実践している企業の例
  • UXとSDの関係性

注意事項

  • ワークショップですので時間は厳守でお願いします!
  • 欠席になりそうな場合は、前日までにキャンセル処理のご協力をお願いします。
  • 当日はお名刺の提示、もしくは、connpassの受付表(6桁の数字が掲載されている画面)を係員にお見せください。

どんな人向け?

  • プロダクトマネージャー
  • プロダクトを成功させたい方
  • UXを組織に浸透させるために活動している方
  • O2Oの設計をされている方 など

席に関して

  • 35名から46名に増員いたしました

Presenter

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

あかねーちゃん

あかねーちゃん さんが書き込みました。

2018/02/16 00:00

すみません。3冊でしたー

あかねーちゃん

あかねーちゃん さんが書き込みました。

2018/02/15 23:54

マッピングエクスペリエンス http://amzn.to/2o1jkQg を抽選で5冊プレゼントいたします!

あかねーちゃん

あかねーちゃん さんが書き込みました。

2018/02/11 12:00

椅子だけのご用意で増枠いたしました。

あかねーちゃん

あかねーちゃん さんが書き込みました。

2018/02/02 10:38

残席3名となりました。

uknmr

uknmr さんが書き込みました。

2018/01/12 10:45

画像とタイトルが JTDB になってます。

あかねーちゃん

あかねーちゃん published 自分たちのプロジェクトのJTBDは何か?.

01/10/2018 19:15

続いて。第2弾のプレイベントです。自分たちのプロジェクトのJTDBは何か? を公開しました!

Ended

2018/02/23(Fri)

19:00
22:00

開催日時が重複しているイベントに申し込んでいる場合、このイベントには申し込むことができません

Registration Period
2018/01/10(Wed) 19:00 〜
2018/02/23(Fri) 19:00

Location

PR TIMES

東京都港区南青山2-27-25 ヒューリック南青山ビル 3F

Attendees(34)

あかねーちゃん

あかねーちゃん

自分たちのプロジェクトのJTBDは何か? に参加を申し込みました!

michiyo_kunugi

michiyo_kunugi

自分たちのプロジェクトのJTDBは何か?に参加を申し込みました!

marika_ikeda

marika_ikeda

自分たちのプロジェクトのJTDBは何か?に参加を申し込みました!

YumiKishimoto

YumiKishimoto

自分たちのプロジェクトのJTDBは何か?に参加を申し込みました!

shuhei_fujiwara

shuhei_fujiwara

自分たちのプロジェクトのJTDBは何か?に参加を申し込みました!

uknmr

uknmr

自分たちのプロジェクトのJTDBは何か?に参加を申し込みました!

MasayaSatou

MasayaSatou

自分たちのプロジェクトのJTBDは何か?に参加を申し込みました!

Miki.E

Miki.E

「自分たちのプロジェクトのJTBDは何か?」 に参加申込してみました!プロマネとしてのスキルアップにも繋がりそうなので楽しみ!

Yosuke Quno

Yosuke Quno

自分たちのプロジェクトのJTBDは何か? に参加を申し込みました!

KenjiKamiya

KenjiKamiya

自分たちのプロジェクトのJTBDは何か? に参加を申し込みました!

Attendees (34)

Canceled (16)